設置するとどのくらい光熱費が節約できるの?

原発事故以来、安全な自然エネルギーへの注目が高まっている福島市において、太陽光発電を設置したら、どのくらいの発電量と光熱費削減が見込めるのでしょうか?
とある福島市のお宅で設置前と設置後の状況を確認させてもらいました。
このご家庭では設置前の月平均の光熱費が、電気代11500円、ガス料金3000円、灯油料金11000円で月当たり25500円ほどかかっていました。
そこに5.37kWのパワフルな太陽光発電を設置し、オール電化を導入、二重サッシリフォームによる断熱工事、高効率エアコンによる省エネ機器を導入したところ、毎月の電気代は平均して14000円、売電収入が14500円となり、差額で500円の収益が生じました。
オール電化かつ断熱性を高めたおかげで、ガス代だけでなく灯油代も不要になりました。
結果として、設置前に比べると光熱費は月平均で26000円の削減効果が生じました。
福島市のこのご家庭では、導入にあたって試算してもらった月別の発電量は544kwhでしたが、実際に稼働してみると644kwhの発電量が得られました。
福島市は太陽光発電にかなり向いているようですね。